ヴィドールの所属事務所

日本クラウン

ヴィドールの所属事務所、日本クラウン株式会社は、1963年9月、日本コロムビア常務兼レコード事業部長だった辣腕プロデューサーの伊藤正憲が、有田一壽(若松築港社長、後に新自由クラブ参議院議員)と三菱電機の支援を得て独立したことに始まります。馬淵玄三(五木寛之の連作小説のモデルになった同社文芸部ディレクター)、斎藤昇(同ディレクター、後に社長~会長)、星野哲郎(作詞家)、米山正夫(作曲家)、美空ひばり、北島三郎、水前寺清子らが伊藤を慕い行動を共にしました。最初に契約した新人は西郷輝彦。日本クラウンは、追って創立されたミノルフォンと共に、自前の工場を持たず制作とプロモーションに特化してアーティスト主導の業務内容を打ち出した本邦初のレコード会社で、プレスは日本マーキュリー(タイヘイレコード)の生産設備を山口組の手を借りた吉本興業が強奪して作った、プレス専業社=ヤンマー音響に外注する形を採っていました。70年代後半まではミュージックテープはポニーが生産する場合もありました。日立グループのコロムビアから三菱グループへの鞍替えには困難が伴い、北島の楽屋を訪れた斎藤と星野が脱藩の決意を眼力だけで訴えたという経緯は、脚色した『兄弟仁義』に昇華、レコード・映画化され大ヒットし、同社の礎を築いたともいえます。

日本クラウンの沿革

  • 1967年に長寿ラジオ番組『クラウンレコード千円クイズ』(後の1万円クイズ、ラッキープレゼント)を開始。1970年2月、日本テレビとの共同出資でユニオン映画を設立し、映像部門にも進出。1972年には市川昭介(作曲家)を専属に迎え入れる等、布陣拡充を図りましたが、主力の演歌市場の停滞に伴い経営は悪化し、三菱グループ側が保有株式をカラオケ大手の第一興商へ徐々に譲渡した結果、第一興商の持分会社化・連結対象化し、三菱グループから離脱して現在に至ります。
  • 1998年まで、当時自前の流通網を持たなかったエイベックス・ディー・ディー(現エイベックス・グループ・ホールディングス)の販売を受託していました。その後、共に第一興商傘下に入った日本クラウンと徳間ジャパンコミュニケーションズ(ミノルフォンの後身)は、2002年以降、販売会社および制作部門を合併し、統合を進めています。
V系聴きましょう

日本クラウンの所属アーティスト

美川憲一

美川憲一は、長野県諏訪市出身。1946年5月15日生まれ。芸名の「美川」は岐阜県を流れる木曽川・揖斐川・長良川の3つの美しい川にちなんでいるそうです。美川自身は長野県出身で2歳から東京に住んでいて岐阜とは何の縁もなかったのですが、デビュー当時のプロダクションの担当者が岐阜出身だったことから岐阜に由来する芸名を付けられました。「川のように息が長く、美しい歌手であるように」という意味が込められています。血液型はA型。身長172.5cm。独身。金鳥のCMでの「もっと端っこ歩きなさいよ」や、美川がバラエティ番組でたびたび発する「おだまり」が流行語になりました。

デビュー

古賀政男の指導を受け、1965年、「だけどだけどだけど」で歌手デビュー。デビューは青春歌謡路線で、当時は男装・美少年キャラクターでした。1966年、北海道出身で、柳ヶ瀬で流しをしていた宇佐英雄が作詞・作曲した「柳ヶ瀬ブルース」が120万枚を売り上げるヒット。また「柳ヶ瀬ブルース」は映画化され、美川にとって映画初出演の作品となりました。

活躍

  • 1967年、「新潟ブルース」発売。売上枚数は多くありませんでしたが、カラオケで広く歌われるようになり、リクエストランキング1位を獲得しました。
  • 1968年、「釧路の夜」がヒットし45万枚を売り上げました。「釧路の夜」のヒットにより映画化され、美川も出演をしました。第19回NHK紅白歌合戦』に「釧路の夜」初出場。
  • 1970年、「みれん町」「大阪の夜」「おんなの朝」と立て続けにヒット曲を出します。「柳ヶ瀬ブルース」「新潟ブルース」「釧路の夜」とご当地ソングのヒットが続いていましたが、「みれん町」のヒットにより盛り場をテーマにした曲なども発売されるようになり、この頃から曲調が変わっていきます。なお「おんなの朝」は30万枚を売り上げるヒット曲となりましたが、当時のNHKでは「歌詞の内容が過激すぎる」ということで歌唱禁止とされました。「柳ヶ瀬ブルース」で第3回日本有線放送大賞特別賞を受賞しています。
  • 1971年、「おんなの朝」で第4回日本有線放送大賞スター賞・第4回日本作詞大賞大賞を受賞。11月に「お金をちょうだい」が発売されました。当時としては奇抜なタイトルで話題となりましたが、当時のNHKでは歌唱禁止とされました。 「お金をちょうだい」は作詞家の星野哲郎が詩を作り、作曲家の中川博之が後からメロディーをつけ完成した作品で、完成当初は誰が歌うか決まっておらず、菅原洋一や美空ひばりなどが候補に挙がっていました。そんな中、美川は中川博之の自宅まで行き「僕に歌わせてください」と直接頼み込んで美川の作品として発売される事になったそうです。
  • 1972年、「さそり座の女」が発売されました。9.7万枚を売り上げるヒット曲となり当時の星占いブームのきっかけとなりました。

南こうせつ

南こうせつは大分市(旧:大分郡竹中村)の曹洞宗勝光寺の生まれ。大分県立大分舞鶴高等学校卒業、明治学院大学社会学部中退。本名は南 高節。元かぐや姫のリーダー。かぐや姫時代に『神田川』が大ヒットし、続けて『赤ちょうちん』『妹』がヒット。解散後も『夢一夜』『夏の少女』などのヒット曲を生んでいます。妻はエッセイストの南いくよ(南育代)。

略歴
  • 1970年:4月、『最後の世界 / むなしいうた』でソロデビューする。同じ年10月「南高節とかぐや姫」としてベース奏者、大島三平らと『酔いどれかぐや姫』をリリース。認知度を上げるため、所属事務所の指示で全日本歌謡選手権に出場、4週勝ち抜いたところで、その目的を果たしたということもあり、翌週以降の出演辞退を申し出ました。その後、山田パンダ、伊勢正三と新生かぐや姫を結成、かぐや姫解散後にソロ活動を開始しました。全日本歌謡選手権は辞退ではなく、竹中労に「フォークをやるならこの番組に出るべきでない」と言われ、落選したともいわれています。
  • 1976年:3月、日本武道館で、日本人アーティストとしては初めてのワンマン公演を開催。同年5月には追加公演も行われました。
  • 1980年代:オールナイトの野外コンサート『サマー・ピクニック』を毎年九州で中心となって開催し、多数の観客を集めました。
  • 1983年:6月には、フジテレビ系列「ミュージックフェア」にて、ジョン・デンバーとデュエットで「故郷へかえりたい」を歌いました。その後2人は親交を深め、翌年琵琶湖で行われた「世界湖沼会議」の前夜祭にてジョンとともにライブを行いました。また1990年には、ジョンとのデュエット作品『岩を砕く花のように』を発売しています。
  • 2009年:9月、こうせつの還暦記念として、つま恋でサマー・ピクニック・コンサートが行われ、約2万人の観客を集めました。
  • 1993年:12月1日に福岡ドーム、12月2日に東京ドームで行なわれたサイモン&ガーファンクルの来日コンサート「Event of a lifetime Tour」東京公演で、前座を務めました。
「神田川」

1973年(昭和48年)9月20日にシングルが発売された「神田川」は、かぐや姫(当時のグループ名は、南こうせつとかぐや姫)が歌った日本のフォークソング。リード・ボーカルは南こうせつ。バイオリン演奏は武川雅寛。2005年にNHKが実施した「スキウタ紅白みんなでアンケート」で白組28位にランクインされました。

「妹」

累計で60万枚を売り上げた妹は、かぐや姫7枚目のシングル。「神田川」、「赤ちょうちん」に続く“四畳半三部作”の第3弾。解散前最後のシングルです。シングル版はアルバム『かぐや姫LIVE』とはアレンジが異なり、こちらはスタジオ収録されたものです。1974年、秋吉久美子の主演により、映画化もされました。

おすすめBGM